自毛植毛以外の髪

自毛植毛した以外の髪はどうなる?

薄毛部分に植毛すれば、薄毛は解決できますがそれ以外の既存の髪はどうなるでしょうか?

 

そもそも薄毛の原因は、男性の場合AGA(男性型脱毛症)の場合がほとんどです。そのため、既存毛はAGAに侵されている、ということになります。

 

つまり、放っておけばいずれ抜け落ちていくことになります。そうなると、植毛した髪だけが残り、おかしなことになります。

 

 

 

既存毛を維持するには?

 

既存の髪を維持するには、AGA治療薬を飲み続ける必要があります。プロペシアです。

 

プロぺシアは、AGAの原因物質でもある5αリダクターゼを阻害する働きがあります。そのため、AGAの進行を止めることができます。

 

プロぺアシアは、AGAクリニックか普通の病院の皮膚科などで処方してもらうことができます。

 

費用は、正規品とジェネリック品によって変わってきますが、1か月分で大体6〜7,000円程度となります。

 

もう一つは、海外から個人輸入する方法です。こちらは海外のジェネリック品のため、さらに安くなり大体1か月あたり1,000〜2,000円程度になります。

 

ただし、国内のクリニックで処方してもらうときは、血液検査を行って服用しても大丈夫かチェックしますが、個人輸入の場合はそのようなこともないため、万が一のことがあっても自己責任となります。

 

その辺を考慮して判断する必要があります。

 

 

 

自毛植毛せずにAGA治療だけでもいいのでは?

 

自毛植毛を行ったとしても、結局AGA治療薬を飲み続けなければならないのであれば、AGA治療薬だけでもいいのでは?と考える人もいるかもしれません。

 

これは、私の体験ですが、私は自毛植毛して4年以上経ちますが、自毛植毛してよかったと思っています。

 

理由としては、後頭部の髪は太くまっすぐで、とてもセットしやすく癖がありません。しかし、以前の元々の髪は細く、伸ばすと縮れるようになりセットしづらい髪質でした。

 

これは、全員に当てはまることではないかもしれませんが、後頭部の髪というのはAGAに侵されてないため、ほとんどの人は太くまっすぐな髪が多いはずです。

 

そのうえで、既存毛を維持していけば、髪のボリュームもそこそこ維持できます。しかし、もしAGA治療薬だけだったとしたら、ここまでボリュームのある髪にはなっていなかったでしょう。

 

 

 

植毛後伸ばした時と坊主にした時

 

 


▲植毛から3年後

 

また、私はFUE法で施術を行いましたが、2,000株後頭部から採取されましたが、伸ばせばまったくわかりません。また、坊主にしたこともありますが、知らない人が見たらほぼ気づかないでしょう。

 

 


▲3mmの坊主ですが、よく見るとところどころ白い部分が見えますが、普通の人が見たらまずわからないのではないでしょうか。

 

自毛植毛は、AGA治療薬だけよりも間違いなくボリュームを増やすことができます。費用は掛かりますが、できるならやったほうがいいと思います。

 

アイランドタワークリニックが10人中7人に選ばれるワケとは?