自毛植毛とは

自毛植毛とは?

自毛植毛とは、自分の髪の毛を薄毛の部分に移植することです。

 

後頭部や側頭部の禿げにくい部分の毛根を、頭頂部や生え際の薄くなった部分に移植します。

 

自分の毛根なので定着率は95%以上と言われていて、手術をすればほぼ生えそろうといわれています。

 

 

 

自毛植毛のメリット

自毛植毛のメリットは、なんといっても自分の髪が生えてくる、ということです。

 

再生治療のようなメソセラピーで効果がなかった人も、自毛植毛をして生えてきた、という人もかなりいるようです。

 

自毛植毛は、他の育毛治療と比較しても、効果が確実に現れる治療法といえます。

 

また、AGA治療などの場合は定期的に通院しなければなりませんが、自毛植毛は一度手術してしまえば、メンテナンスの必要はないので通院する必要もありません。

 

 

 

自毛植毛のデメリット

自毛植毛は確実に髪が生えてくるという点では優れていますが、反面デメリットもあります。

 

まず、費用が他の治療法に比べて高額です。大体、頭頂部とM字部分に植毛するとなると2,000株程度必要なので、150〜200万円程度かかります。

 

もう一つデメリットとして、手術すると周囲にバレる可能性があるということです。

 

手術直後は植毛部分を刈り上げるため、普段髪を伸ばしている人は場合によっては坊主にしなければならないでしょう。

 

ただし、刈り上げないで植毛する方法もありますが、費用が高額になります。

 

また、生えそろうまでに少なくとも半年程度はかかり、その間にショックロスといって髪の毛が一旦抜け落ちる症状が出る場合があります。

 

つまり、自毛植毛は周囲にバレずにやるには結構大変だということです。

 

 

 

自毛植毛の方法

自毛植毛には、2つの施術方法があります。詳しくはこちらの記事で解説しています。
自毛植毛の施術方法について

 

植毛するドナーとなる採取の方法に違いがあり、メスを使用して皮膚ごと切り抜く方法と1つづつ毛根を抜き取る方法です。

 

最近では、メスを使わない方法が主流になりつつあります。痛みも少なく回復も早いためです。

 

ただし、大量に移植しなければならない場合、1つづつ毛根を抜き取る方法だと、こんどは後頭部が薄くなる可能性が高くなってきます。

 

なので、どの方法がベストかは人によってケースバイケースといえるでしょう。