自毛植毛人工毛

自毛植毛と人工毛の違い

自毛植毛は、自分の髪の毛を移植することですが、人工毛は文字通り人工の髪の毛を移植することです。

 

人工毛は、思い通りのボリュームやヘアースタイルにすることが可能となります。また、元々後頭部や側頭部も薄い人は、自毛植毛は厳しいですが、人工毛なら気にすることなく髪を増やすlことができます。

 

増毛にしても、自分の髪の毛ではないのでボリュームをいくらでも増やすことが可能です。

 

 

 

人工毛のデメリット

人工毛は、思い通りに髪を増やすことができる反面、デメリットもあります。

 

それは、まず自分の髪の毛ではないため定着率が良くない、ということです。言ってみれば異物を頭皮に植え付けるワケですから、少なからず拒絶反応があるということです。

 

自毛植毛は、自分の髪の毛なので抜け落ちてもまた生えてきますが、人工毛は一旦抜け落ちたら生えてはきません。そのため、定期的なメンテナンスが必要になってきます。

 

しかし、何度も頭皮に植え付けると、今度は頭皮が傷んでくるため、あまり繰り返し植毛をするわけにもいきません。

 

したがって、人工植毛は、後頭部や側頭部も薄くなっていて自毛植毛自体ができない人以外はオススメできない方法と言えます。

 

 

 

増毛のデメリット

増毛は、既存の髪に人工毛を括り付けて増やしたり、頭皮にネットのようなものを敷き詰めてそこに人口毛を括り付ける方法があります。

 

増毛は、既存の髪が伸びてくるときに、それに合わせて調整しなければならないため、定期的なメンテナンスが必要です。

 

これは、増毛をしている限り避けては通れません。もちろんその都度費用が発生します。

 

つまり、増毛をしている以上、毎年費用が掛かるということです。長い目で見れば、自毛植毛よりも断然費用がかかるでしょう。

 

増毛のデメリットは、使用している限り費用がかかるということです。

 

 

 

まとめ

自毛植毛と他の育毛法を比較した場合、ほとんどは自毛植毛との方がオススメなのですが、全員に当てはまるとは限りません。

 

さきほども申し上げたように、元々後頭部や側頭部が薄い人は、自毛植毛で後頭部や側頭部の髪を移植することにより、さらに密度が薄くなります。

 

そのため、そのような人は人工植毛や増毛を検討する余地はあるでしょう。

 

しかし、通常であれば、後頭部や側頭部はAGAに侵されずハゲない場所なので、費用的にも自毛植毛の方がオススメです。

 

AGAは自然に治ることはなく、放っておけばどんどん進行していくので、後頭部や側頭部に問題がなければ自毛植毛を検討することをオススメします。

 

トップページに戻る
アイランドタワークリニックが10人中7人に選ばれるワケとは?